2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)

第5回。


夜は、明けているんだ

太陽が見えないだけ

-------------
ある人は「今気づいた」と思いながら
ある人は「あぁ、そんなのあったなぁ」と思い出しながら
また
ある人は「前にもそんなこと考えたっけ」と記憶をたどりながら

夜明け前の
いちばん暗い空を見る

臥待ち月更け待ち月まで起きているのも好きだったりは、します。
昨日は満月でした。
うちからは角度によっては月が見えません;
一昨日、お弁当屋さんに行き帰り
十四夜の月を見ました。


「もうすぐ」だと思うからなのか
明るくなる…はず…の、ちょっと前というのは
ことさらに暗さに目が向いてしまって
時に途中よりもずっと不安になる
いつなの?

いつなの…?

じれったい。
「夜明けを迎えに行く」
なんてポジティブモードになれる時は平気だけど
待ってるしかないこともある
夜ならいい。
狭義“夜”ならそれでもいい
寝ちゃっても夜は明けて…しまう…んだろう。
夜、が
比喩でしかない時は不安になる
何か別のもっと暗くて長くて…長い?最初と最後があるなんていつ決まった?
今自分が過ごしているトキは、
望む答えがいつか出る途中なのかな
ホントに



太陽
って
暑すぎたりまぶしかったりすることもあるから
大好きというほどでもない。
幼稚園のお絵かきでもあるまいに
月でもいい
月ならいい

ともかく

ここに流れている不安な時間に
ほんとうにおわりがきて、
あるいたあかしがみえて、

「何にもならなかったわけじゃない」

そう思える瞬間が
訪れるのかな?

果報は寝て待て とか
人事を尽くして天命を待つ とか
唱えてみても
ひとすじ。
届くまでは
どうかすると
「結果につながるだけのことすら、できてなかったんじゃないか」
ふあんふあんふあんふあんふあん

例えば。
そのひかりが訪れるのを待つことをやめて、
もう違う次元に…
ここではない場所に…
行ったとして。
そこには何もない方が“いい”のかな
それとも、そこにこそきっと何かがある!ってはっきりしてるもの?

ねぇ
「もうここに光が訪れるかどうかどうでもいい」
なら



ここに居たって、いいじゃん





サーチライトに照らされてしまうまでは
好きなことしちゃって

それじゃ
ダメ…ですか?
スポンサーサイト
22:51  |  文の紹介  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。