2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)

第5回。


夜は、明けているんだ

太陽が見えないだけ

-------------
ある人は「今気づいた」と思いながら
ある人は「あぁ、そんなのあったなぁ」と思い出しながら
また
ある人は「前にもそんなこと考えたっけ」と記憶をたどりながら

夜明け前の
いちばん暗い空を見る

臥待ち月更け待ち月まで起きているのも好きだったりは、します。
昨日は満月でした。
うちからは角度によっては月が見えません;
一昨日、お弁当屋さんに行き帰り
十四夜の月を見ました。


「もうすぐ」だと思うからなのか
明るくなる…はず…の、ちょっと前というのは
ことさらに暗さに目が向いてしまって
時に途中よりもずっと不安になる
いつなの?

いつなの…?

じれったい。
「夜明けを迎えに行く」
なんてポジティブモードになれる時は平気だけど
待ってるしかないこともある
夜ならいい。
狭義“夜”ならそれでもいい
寝ちゃっても夜は明けて…しまう…んだろう。
夜、が
比喩でしかない時は不安になる
何か別のもっと暗くて長くて…長い?最初と最後があるなんていつ決まった?
今自分が過ごしているトキは、
望む答えがいつか出る途中なのかな
ホントに



太陽
って
暑すぎたりまぶしかったりすることもあるから
大好きというほどでもない。
幼稚園のお絵かきでもあるまいに
月でもいい
月ならいい

ともかく

ここに流れている不安な時間に
ほんとうにおわりがきて、
あるいたあかしがみえて、

「何にもならなかったわけじゃない」

そう思える瞬間が
訪れるのかな?

果報は寝て待て とか
人事を尽くして天命を待つ とか
唱えてみても
ひとすじ。
届くまでは
どうかすると
「結果につながるだけのことすら、できてなかったんじゃないか」
ふあんふあんふあんふあんふあん

例えば。
そのひかりが訪れるのを待つことをやめて、
もう違う次元に…
ここではない場所に…
行ったとして。
そこには何もない方が“いい”のかな
それとも、そこにこそきっと何かがある!ってはっきりしてるもの?

ねぇ
「もうここに光が訪れるかどうかどうでもいい」
なら



ここに居たって、いいじゃん





サーチライトに照らされてしまうまでは
好きなことしちゃって

それじゃ
ダメ…ですか?
スポンサーサイト
22:51  |  文の紹介  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

第4回。

  誰にでも
声をかける人って
   案外
話しかけづらい

----------

大学生の頃。
まだ私はエネルギーがあったので
(というかあの時あんなにフルに飛ばさなければよかった…)
学校が終わったら、民間のスクールに通ってました。
パソコンとかワープロとか英会話とかの
首を縦に振るまで帰してくれなかったし高かったしで
止めて欲しくて母に電話したら二つ返事で入校を承諾されてしまった。
  てのはまぁいいんだ
          いいんだ。。
そこでお節介を焼いて、というか
声をかけてくる先輩がいたんですよ。同性
同じ学校だったてのもあるんだけど
行事とかあったら誘ってくるし
同じ講座に出てなくても話しかけてくるし

けど

会員のパーティみたいなのがあってね
誘われたので行ったんだ
私みたいな子も気にかけてくれる人の誘いだから断ったら申し訳ないかな。みたいなんで
ハロウィーン
フランクに話しかけてきたがいこくのだんし
先輩に
「この子なんていうの?初めて会うんだ」
みたく言ってて
先輩
「えーと名前なんだっけ?」
は!?
「○○○ちゃんだっけ」
ちがう

ちがうよ


場を和ませるとか
初めての人が馴染めるように気を配るとか
そういう
心遣いをする人は、
立派だよね。

けどさ

「あ、この人私と仲良くしてくれるんだ」
と思って
気を許して
こっちは、知り合いのつもりになっているのに
向こうは

向こうは、
集団を円滑に和やかに維持するために声をかけただけ。

こっちとは
仲良くするつもりは特にない


忙しい人いるよね
いつもニコニコ
たくさんの人に囲まれて
あっちへ行き、こっちで誰かと笑って
「こっちだってね、みんなが楽しく過ごせるように苦労してるんだよ!」

……余計なお世話です。
それは、あなたがしたいからしてるんでしょう?
あなたの、みんなからの評価が良くなるようにと思って、するんでしょう?
あのね
最初だけ声をかけられて
その後はこっちから話しかける隙がないっての
ズバリ最初の方に声をかけられた人間は

マイナス評価しますんで^^メ

世話を焼いてる自分に酔ってる人が
正直しんどいです。
友達だと思ってるこっちが「一方的で」「勝手」なのかな?
悩みが産まれ出ずる頃、
あっちは
もう私の相談事なんて聞いてる暇がないんです

缶切りみたいなもんでしょうかね。
にぎやかに、そばで何かしてくれるのは最初だけ

なんでかね
付き合ってみたらつまんなかったからもういいや、とか思われたのかね
見捨てられたんかね
なんでかね

「四六時中一緒にいたり、喋ったり、声をかければ必ず応答するのが友達じゃない」
それは分かる
ぶっちゃけそう思ってる。
けど、それと
「肝心な時に、話しづらい話題に限って、喋りかけられない」
てのは
違う…でしょ…?


誰にでも声をかけて親しげに接してくる人は。
イイ人かも知れない
けど
良い人、とは思えないな。。





置き去りにされて
追いかける足を踏み出すのはためらわれて
他の人をかき分ける勇気もなくて
話したいことは、こころの中で色濃く降り積もる


それはよくある話かな(´・ω・`)
23:54  |  文の紹介  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.25 (Sat)

第3回。

 デメリットがあるってことは
それに見合うだけのメリットが
     あるってことで。

--------------
※そういえば…
本とは掲載順が必ずしも同じではありませんので
ご了承ください



はい。
たったの3行の本文にマルがついてます。
本音言うと☆とかつけたい気分だな
「見合う」ってのは、
・バランスがとれる。つりあう
って意味です。。。

今していること
これからでき得ること

デメリットに目が行きがちなこともある。
特に、これからやろうとすることのあら探しをして
二の足を踏むのを
“先読み不安”
なんて言ったりする。

石橋を叩いて渡るのは慎重派
石橋を
…壊れるまで叩いて、叩き続けて
壊れたら
「ほらね」
って言っちゃうのは?
なかなか壊れない石橋を叩くことに熱意を傾けて
他のことできなくなっちゃってるのは??

うん。
もったいないですよね。
客観的に見たら、
そんなことするより
ある程度の準備と覚悟と備えを装備して
安全の保証がない道に踏み出した方が
確実に成果は上がったりするんだけど…

要るのか要らないのかハッキリ分からない準備をするのが
ホントは嫌なのかな?
せっかく念入りに、吟味して、確かめて、調べて
持って行ったものを使わなかった時に

むなしいから
かなしいから
さみしいから

カバンに詰めたものは。
多すぎるとまず取り出せないんだよ、ね

まずは
何が必要なのか、どれは「なきゃないでOK」なのか
選ぶ力が必要だったりする
その力はどうやって身につけるんだろう?

歩き出す時に。
最初の方は、失敗してもおかしくないくらいの気持ちで
こけてナンボだ。むしろ

私らは
こけ方を知らずに歩いてきちゃって
こける神話に恐れをなしている
こけ方を知らずに歩いてきたから
こけた時に何を所持していたら衝撃や損失が抑えられるのか

…分からない


何が要るのかを経験として知るための転倒、
なんて
やってみた方が案外いい収穫になったりもしますよね(-_☆

こける→デメリット
わかる→メリット

100の予想は1の実動にかなわない
そんな気がする

進んで
15:52  |  文の紹介  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。